スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【中国大気汚染】山内康一議員「世界第2の経済大国の中国に対し、日本が無償で援助する必要はありません。対中環境協力は有償で」

1: 依頼@わいせつ部隊所属φ ★:2013/04/02(火) 18:53:53.47 ID:

2013年4月 2日 (火)
対中環境協力を有償で

中国の大気汚染は、そのまま日本の問題というご時世です。
中国向けに大気汚染防止や海洋汚染防止といった環境分野で、
日本の環境技術や環境行政のノウハウを伝えるべきです。

尖閣をめぐる問題等で日中関係が悪化している時期だからこそ
両国共通の問題を協力して解決することが信頼を醸成します。
いまこそ対中国の環境協力を再開すべきだと思います。

他方、世界第2の経済大国の中国に対し、第3位の日本が、
通常のODAの一環として無償で援助する必要はありません。
無償の援助では、納税者の理解は得られないでしょう。

そこでお勧めなのは「有償技術協力」という仕組みです。
有名なのは「有償資金協力」といわれる融資の仕組みで、
別の言葉では「円借款」とも呼ばれます。

有償資金協力の方は、長年の歴史と実績があります。
他方、有償技術協力の方はあまり知られていないと思います。
始まったのも数年前、対象国も実質サウジアラビアだけです。

これは技術協力のコストを相手国に負担してもらう仕組みです。
民間の商業ベースでもできる技術移転ももちろんあるのですが、
途上国の必要とする技術の多くは、行政機関が持っています。
(つづく)
http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-56e2.html

2: わいせつ部隊所属φ ★:2013/04/02(火) 18:54:06.52 ID:

公害対策や環境行政、運輸行政や安全対策等の分野では、
民間企業ではなく、行政の研究所や現場にノウハウが存在し、
政府間の技術協力が必要な領域が多々あります。

営利は追求しないが、かかった経費だけは出してもらう、
という公的な技術協力の仕組みは有効だと思います。
日本の納税者に負担をかけず、環境汚染を減らせる上に、
日中の信頼醸成や二国間関係の改善に役立ちます。

日本は過去に中国に対して多くの環境協力を行いました。
対中環境協力では、既にノウハウや人脈の蓄積があります。
日本から中国の中央政府の行政機関や地方政府に対して、
有償技術協力の実現を働きかけてはどうでしょうか。

(おわり)

5: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:55:30.76 ID:

>>1


当然だろ

6: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:56:07.04 ID:

ODA?ってまだやってるのけ?

7: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:56:27.44 ID:

あたりまえじゃーん

9: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:56:44.74 ID:

日本を抜いて世界二位なんだろ?
出世払いを果たす良いチャンスじゃないか・・・・・・・・・・・お金返して!!

10: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:57:07.56 ID:

もしかして日本って未だに中国に無償で何かしてあげてんの?
日本政府や官僚って本当にレベルが低くなったな

12: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:57:45.90 ID:

当たり前のことを当たり前にできないのが公務員・官僚

13: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:58:01.32 ID:

前金で

14: 名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 18:58:12.04 ID:

>>6

やってる、トンネルでアフリカ諸国にばらまいて国連決議で中国の言う通りにさせてる

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 環境汚染 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 中国大気汚染 山内康一議員 世界第2 経済大国 中国 日本 無償援助 対中環境協力 有償

2013/04/02 22:50 | [日中まとめ]環境  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。