スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

【レコチャ】「沖縄タイムスが中国の沖縄領有主張に『日本が武力で琉球併合は歴史的事実』と賛同。独立派らも中国に賛成」[05/13]

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/05/13(月) 14:04:09.99 ID:

2013年5月、日中間でこう着している尖閣問題に絡んで、琉球(沖縄県)の帰属問題を蒸し返す中国メディアの報道が続いている。

中国共産党機関紙・人民日報が8日付で「琉球王国は一つの独立国家であり、中国の属国だった」とする論文を掲載。

日本政府はこうした論調に抗議しているが、当の沖縄では単純に反中一辺倒の反応を呼んでいるわけではない。
仲井真弘多沖縄県知事は10日、人民日報の前出の記事が「沖縄の領有権は中国にある」と示唆したことについて、「不見識の一語に尽きる」とこれを認めない考えを示しているが、
地方紙・沖縄タイムスは同日付の記事で一部同調を見せている。

「過去に日本が武力によって、琉球を強制的に併呑(へいどん)したのは歴史的事実」。
論文のこの部分に賛同しながら各専門界の見解を引用し、「琉球は中国の属国ではなかった。日本、中国のどちらでもない」と反論するなどの見方も伝えている。

12日、中国紙・環球時報はこの沖縄タイムスの報道を取り上げ、地元沖縄では中国の論調に賛成する見方もあるとのニュアンスでこれを伝えている。
また、同紙記者が沖縄を取材した際、県民たちが県外の人を「本土の人」と呼ぶことに注目。

「本土の人」には「自身の利益を守るために沖縄を犠牲にした人」との意味も含んでおり、
「本土の政府」は沖縄県民の民意を汲み取らないと考えられているなど、一部で沖縄独立への気運が高まっていることも報じている。

この記事に対し、中国一般からは
「琉球の独立を支持する」「沖縄県民に投票させればいい。日本から離脱して中国につくかどうか。きっとおもしろい結果になる」などの声が寄せられたほか、
「我々が琉球問題に口出しできるのなら、彼らも台湾やチベット、ウイグル問題について口出ししてもいいということになる」との声も挙がっている。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72253

【沖縄タイムス】人民日報「琉球は中国領」論文に「属国でないが日本の強奪言及は評価」「日中友好先導を」[05/10]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1368164584/l50

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:05:10.95 ID:

だから何?現在日本領なんですけど?

4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:07:15.87 ID:

そっか
ずっといっしょだと思ってたのにね

オツカレ
さようなら

5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:07:19.13 ID:

じゃあ独立して良いよ
ばいばい

6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:07:40.41 ID:

おいおい沖縄タイムスは中共の出先機関だろ
自演にも程があるぞ

8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:08:11.72 ID:

じゃ、チベットやウィグル、香港も住民投票させろよwww

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:09:07.67 ID:

支那の沖縄領有主張は流石に無理過ぎてワロス

10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:09:45.49 ID:

>>1

いい加減やりすぎじゃね?

11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:09:48.35 ID:

沖タイ
もう説明の必要性はないだろ
自分で自白しまくっている
中国共産党機関紙

12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/05/13(月) 14:10:08.53 ID:

沖縄タイムスってそういう新聞だったのね

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 沖縄タイムス 中国 沖縄領有主張 日本 琉球併合 歴史的事実 独立派

2013/05/13 23:58 | 売国奴  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。